骨粗鬆症に最適な栄養素を摂取|サプリメントで健康体づくり

カルシウムと運動、日光浴

緑のサプリ

一番必要なのはカルシウム

骨粗鬆症の治療として一番必要な物はカルシウムである。日本の土壌はカルシウムなどのミネラル成分の含有量が外国の土壌よりも少ない。その結果、日本人は日常の食生活で口にする水や食物から摂れるカルシウムは他国の人より少なくなる。カルシウム不足は骨粗鬆症の他、背骨の曲がり等の原因にもなる。また、体内のカルシウムの99%は骨に含まれているが、1%は血液中や筋肉、神経に存在しており、このカルシウムは機能カルシウムと呼ばれている。機能カルシウムは体内の細胞を動かすことに使われており、カルシウムが不足すると生命活動を維持するため骨の中のカルシウムを溶かしだす。これによって骨粗鬆症が発生し、更にカルシウム不足が進むと機能カルシウムが生命を維持するためにますます骨の中のカルシウムを溶かしだすという、カルシウムパラドックスが発生する。このため、日本人にはカルシウムが必要であり、それらをサプリメントで効果的に摂ることが望ましい。またサプリメントを摂る際には、カルシウムの含有率が高いものを選ぶこと、サプリメントのみに頼るのではなく、日常の食生活もバランスよく摂ることが重要である。

運動と日光浴も必要

サプリメントでカルシウムを摂っても、運動と日光浴が不足すると体内にカルシウムが回らないため、骨粗鬆症を防ぐにはカルシウム摂取とともに運動と日光浴が必要である。運動としてはストレッチや骨盤を動かす骨盤運動などがあるが、一番お勧めなのはウォーキングである。ウォーキングでは骨盤を前後に動かす。これによって臀部にある仙骨が動き、この仙骨がポンプのような役割をして血液やリンパ液を体内に運んでくれる。体内に血液やリンパ液がまわることにより、カルシウムも体内に行きわたることができる。またウォーキングによって、天気の良い日には日光浴をすることも可能であり、ウォーキングは骨粗鬆症予防の運動としては最も適した運動といえよう。

Copyright © 2016 骨粗鬆症に最適な栄養素を摂取|サプリメントで健康体づくり All Rights Reserved.